子どもの「食べない」(続き)

30代ワーキングマザー。 子育てと仕事、毎日のちょっといいことやいいものを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 子育てブログへ
↑ 1日1回のクリックが更新の励みになります♪

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日UPした 「子どもの「食べない」 - 食べムラでイライラ -」 の続きです。

ちょこっとググってみると、
やっぱり同じように悩んでいるお母さんの多いこと。

「子ども+食べない」の検索結果
「子ども+食べない+イライラ」の検索結果

いくつか気になるものがあったので、
引用しながら私の思うことなど書いていきたいと思います。

・「食べてくれない」を解決する2つのポイント

原則1は、至ってシンプル。
『食べないなら、食べさせない』
 ~(中略)~
原則2は、
『食事の時に空腹になるように生活する』


原則2はいつも気をつけていますが、
原則1のほうはなかなか難しいと思いませんか?
「せっかく用意したのに・・・」といった思いが先に立って
何としても少しでも食べさせたいと思ってしまいます。

にほんブログ村 子育てブログへ
↑ 1日1回のクリックが更新の励みになります♪

でも、「食べるべきなのに、食べない」というのは誤解で、、
「体が食べるコンディションにないから、食べない」が正しいとのこと。
食べないからといって親がかまって食べさせようとすると、
「食べない=構ってくれる」というイメージができてしまうので
「食べない=今は必要ない」のだととらえて
落ち着いて対応したほうがよいようです。

私も「今は欲しくないんだろうな」と思うし、
無理に食べさせようとするのは良くないと
頭では分かっていても。。。難しい。
世の中の「食べない子ども」に悩むお母さんの多くが
分かっていてもイライラするのよねぇ、と思っておられるはず。

大人は「食べ物を粗末にしてはいけない」し
「出されたものはちゃんと食べる」ものだと知っています。
少々食欲がなくても、分かっているからとりあえず食べる。

子どもは違いますよね。
ずっと赤ちゃんの頃から言い聞かせてはいても、
そして仮に頭の中にその言葉があったとしても、
行動が伴ってくるのはきっともう少し先のこと。
まだまだ「食べたくない」時には「食べられない」が当たり前。

まずは食事の時間が楽しいものになるように、
親も(子も?)試行錯誤しながらやっていくしかなさそうです。

他にも気になるサイトがありましたが、
長くなりそうなので別記事にしたいと思います。


2013.01.23 14:12 | 子どもの食事 | トラックバック(-) | コメント(1) |
トップページスポンサー広告||子どもの食事子どもの「食べない」(続き)

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013.01.23 19:22  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。