子どもの歯科検診&フッ素塗布

30代ワーキングマザー。 子育てと仕事、毎日のちょっといいことやいいものを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 子育てブログへ
↑ 1日1回のクリックが更新の励みになります♪

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日、子どもを歯科検診とフッ素塗布のため
近所の歯科に連れて行きました。

歯科検診もフッ素もこれが初めてではなく、
歯が上下2本ずつ生えた時から4か月に1度くらい
チェックしていただくようにしています。

前回までは、ママ友が紹介してくれた
豊中でもなかなか有名な(?)小児歯科専門の歯科に
行っていました。
が、少し不便で通いにくかったのと、
実は住んでいるマンションの1階に入っている歯科でも
子どもを見てもらえるとわかったので、
今回からかかりつけを変わることにしました。

近所も近所、自宅の下ですからね(笑)
バギーはおろか、防寒着もそこそこに行けます。
しかも平日20時まで、土日も診療しているので
万一の怪我(こけて口内の出血とか、歯が折れたとか)でも
すぐに駆け込めてよさそうです。

私も旦那さんもかかりつけで、
マンションでもよく行きあう顔なじみの先生に
子ども(というか赤ちゃん)が行っても大丈夫な時間を確認し、
さくっと行ってきましたよー。

にほんブログ村 子育てブログへ
↑ 1日1回のクリックが更新の励みになります♪

検診はまぁ、検診なのですが、
フッ素に関してはいつ頃からOKなのか、と
悩んでおられるお母さんも多いようですね。
・子供の歯へのフッ素塗布について | 育児のQ&A【OKWave】
・子供のフッ素について - デンタルケア - 教えて!goo
いずれも、質問者の方はフッ素は害がありそうだから
やめておく、というコメントで終わっているみたいですが・・・。

こういう疑問が多いのと、
フッ素入り歯磨き等のの市販商品もたくさんあるからか、
歯科の先生や学会のサイトでもそれぞれの見解が掲載されていました。

・フッ化物塗布が歯にいいと聞きました。いつから始めればいいですか?(日本小児歯科学会)
・乳幼児のフッ素塗布は何歳位からが適当でしょうか?(歯医者・歯科情報の歯チャンネル)
・低年齢児のフッ素入りはみがき粉の使用について(歯科の総合情報サイト)
・フッ素塗布はいつ頃から出来るの?(最強母乳外来・フェニックス)

私は、信頼できそうな歯科の先生とお話をして、
やっぱり塗っておいたほうが良いだろうと思ったので、
検診を兼ねて定期的にフッ素塗布をお願いしています。
(塗布後30分は飲食禁止になりますので、
 食事や授乳、水分補給はすませて行っています)

でも、うがいができない間は、
家での歯磨きに歯磨きペーストは使わない、と。
これは先生にもすすめられなかったのと、
自分自身、歯磨き粉を使った後でうがいができないとしたら
気持ち悪いだろうなぁ、という感覚的な部分も含めて
そうしようと決めました。

大人でも痛い虫歯治療、
子どもが痛い思いをすることがないように、
親が気をつけなければいけませんよね。

検診やフッ素、歯磨きも大事ですが、
まずは正しい生活習慣が第一だそうです。
規則正しい食事(&おやつ)の習慣や
ダラダラ食いしない、甘いお菓子はあげない等
できることはたくさんあります。

実家に預けるときにも、
ダラダラ食いはさせないようにお願いしています。
おやつもお芋や果物、お菓子ならできるだけ砂糖の少ない
甘くないものを選んでくれているようです。
(そんなことは改めてお願いしなくても
 気をつかってくれるある意味厳しいおばあちゃんなので
 あまり心配はしていませんが:笑)

お箸やスプーンも厳格に分けてほしいところですが、
これは旦那さんも含めてできる限りお願い、という感じ(汗)
一緒に食べているとついうっかり取り箸に持ち変えずに
大皿から取り分けてしまったり、
食べさせてあげたりすることもありますが、
そのたびに目くじら立てるのも、と思い・・・。
その代わり、食後には必ずお茶かお水を飲ませ、
できれば歯磨きもしてもらうようにしています。
(そのほかに、毎晩の仕上げ磨きは必須)

可愛い子どもの小さな歯、
できるだけ長くキレイなまま
守ってあげたいと思います。
そのためには、毎晩仕上げ磨きで
大抵抗されてもお母さんは頑張るよ(笑)
2013.01.30 15:35 | 健診・予防接種 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページスポンサー広告||健診・予防接種子どもの歯科検診&フッ素塗布












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。